中国の古典

中国の古典ばかり集めてみました。簡単に入り込める作品もありますよ。現代語訳も・・・・・・色々取り揃えております。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

詩経―中国の古代歌謡 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
古代人の豊かで鮮烈な精神を伝える、中国最古の詩歌集。儒教の聖典として長く特殊な解釈にさらされ失われてきたこの躍動的な歌謡の世界を、成立基盤の類似した『万葉集』との比較の観点から、見事に復活させた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
白川 静
1910(明治43)年福井県生まれ。立命館大学名誉教授、文字文化研究所所長。1943年立命館大学法文学部卒。1984年から1996年にかけて『字統』『字訓』『字通』の字書三部作を完成させる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

中国の古代文学〈2〉史記から陶淵明へ (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
古い国家の羈絆から解き放たれ、自らの運命に生きはじめた孤独な生活者たち。彼ら「士人」は体制への埋没を拒否し、自然の情感に沿って天の道に合しようとした。「天道是なるか非なるか」と厳しく問うことによる文学精神の成立から、現実を避けて桃源郷を求める創作詩にまでいたる、文化の道筋を探る。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
白川 静
1910(明治43)年福井県生まれ。立命館大学名誉教授、文字文化研究所所長。43年立命館大学法文学部卒。84年から96年にかけて『字統』『字訓』『字通』の字書三部作を完成させる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

菜根譚 (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
「人よく菜根を咬みえば,則ち百事なすべし」.菜根は堅くて筋が多い,これをかみしめてこそものの真の味わいがわかる.三教(儒仏道)兼修の士洪自誠が自身の人生体験を基に人生の哲理を簡潔な語録の形に著わした. --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)
「人よく菜根を咬みえば、則ち百事なすべし」。菜根は堅くて筋が多い、これをかみしめてこそ、ものの真の味わいがわかる。中国明代の末期に儒・仏・道の三教を兼修した洪自誠が、自身の人生体験を基に、深くかみしめて味わうべき人生の哲理を簡潔な語録の形に著わした。的確な読み下し、平易な訳文。更に多年研究の成果は注と解説にも充分に盛りこまれている。

水滸伝 (2) (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
のちに梁山泊幹部となる晁蓋、呉用、公孫勝ら七人の好漢たちは北京大名府の梁中書から都の大臣へ贈られる金銀財宝「生辰綱」を輸送途中にまんまとだましとるが、ことはすぐに露見する。そのことをいち早く晁蓋らに知らせた済州〓(うん)城県の押司、宋江は愛人閻婆惜を殺して逃亡、柴進の屋敷にかくまわれ、そこで武松と出会う。百八人の好漢たちが続々と登場し、「武松の虎殺し」をはじめ重要なものがたりが展開する第2巻。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
駒田 信二
1914‐1994年。三重県生まれ。作家、文芸評論家、中国文学者。長年、早稲田大学客員教授を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

中国の文人―「竹林の七賢」とその時代 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
治乱興亡の「三国志」から南北朝時代にかけて、知識人たちがどのように生き抜いていったか。激動の20世紀を生き抜いた著者が、渾身の力をこめて描き切るダイナミックな社会文学史。

内容(「MARC」データベースより)
治乱興亡の「三国志」から南北朝時代にかけて、知識人たちはどのように生き抜いていったか。激動の20世紀を生き抜いた著者が、渾身の力を込めて描ききるダイナミックな社会文学史。

游仙枕―中国昔話大集 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
その枕で寝ると、夢かうつつか、不可思議な世界を見ると云う…今宵あなたも、遙かいにしえの神仙旅行に誘われてみませんか…中国昔話大集。

内容(「MARC」データベースより)
幽霊と契りを交わした男の結末は? 鬼が棲むと云われる地へ赴任した役人が見たものは? お隣の国・中国の摩訶不思議な古典小説を集めた奇譚集。大人気メルマガの単行本化。

陶淵明全集〈上〉 (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
「帰りなんいざ、田園まさに蕪れなんとす」の一句を思いうかべる陶淵明は、酒を愛したのんきな田園詩人。そんなイメージからはかけ離れた複雑な振幅を持った全作品の原文・注・現代語訳を掲載。

日本漢詩 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
文字記録以前から、我が国は大陸と交渉をもっている。その中の最大の出来事は「漢字」の伝来である。文字の獲得とともに遣隋使・遣唐使の二十数回の派遣は、我が国の中国文化の影響を決定的にした。以後、教養の第一は漢文学である。知識人は漢詩もよく作った。本書は日本漢詩の流れを、第一期奈良・平安時代、第二期鎌倉・室町時代、第三期江戸時代、第四期明治維新以降としてとらえる。

内容(「MARC」データベースより)
「漢字」の伝来をはじめ古代から中国文化の影響をうけた日本。遣唐使の派遣以後、教養の第一は漢文学であり、知識人は漢詩も作った。日本漢詩の流れを時代ごとに紹介。書き下し文と解説・背景説明を加える。96年刊の新版。

大唐西域記〈2〉 (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
17年を費やして百数十カ国を経巡る三蔵法師の求法の旅。世界旅行文学中の白眉にして7世紀アジアの貴重な記録の第2巻は北インドへ、多彩な仏跡を訪ね、豊かな伝承を記す。

内容(「BOOK」データベースより)
西遊記の源、玄奘三蔵の旅。正法を求めて百数十カ国を経巡り、地理・民族・言語・風俗・物産を記す。世界旅行記の白眉にして7世紀アジアの貴重な記録の第2巻は北・中インド。

西遊記〈8〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
三蔵みずからお斎をもらいに向かった家は、七匹の女妖の住む盤糸洞。ようよう救い出されるも、黄花観で八戒、悟浄ともども毒に倒れる。その効きめたるや、三日のうちに骨も髄も腐るという。悟空はひとりなす術もなく、せつない思いで涙にくれる。

{鶯谷・うぐいすだに} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {東京ぶらぶら} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {GOGO!江戸川区!} {墨田区紀行} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {高収入バイト情報} {千葉の印刷なら千代田印刷} {台東紀行} {美容外科} {アキバ中毒のページ} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {電子たばこ}
{水滸伝・司馬遷} {詩論万歳}

oooAV機器ooo 豆千葉ドットコムooo 性病検査キットooo 原宿をもっと知ってほしくて…ooo レジャー、アウトドア.コレクションooo 千葉のちょっといい景色ooo 映画を見に行こうよ!@千葉ooo 千葉とんかつooo ラーメン!つけ麺!僕イケメン!ooo リアクション芸人ooo 木更津市をもっと知りたい.com!ooo 千葉の道の駅ooo 生活、インテリア.コレクションooo お笑いタレントooo 春日ちゃんのお散歩マップooo 自作PCに挑戦(千葉中心)!ooo 山手線エリア~こだわり専門店~ooo 千葉自然公園探検ナチュラル派ooo おやじの聖地、のんべえの街、新橋ooo スーパーシガレット/SuperCigaretteooo